ヘ音譜表の必要性を感じてくれた、下第10線の話

今、中学生の期末テスト対策をしている。

ピアノを習っている子は希望に応じて、ピアノレッスンの代わりに音楽の勉強。

ピアノを習っていないけれど、試験対策のためだけに教室に通っている中学生も3人。

 

さて、

「教科書でなじみのある、ト音記号のト音譜表ならわかるけど

なんで ヘ音譜表まで必要なのか?」

そんな質問があった。

ピアノを習っている子には、「ピアノの88鍵盤そのすべてを譜表に表すには

ト音記号やヘ音記号 上や下の加線、オクターブ記号を駆使しなきゃね」

これで大体納得してもらえるのですが、

でも学校の音楽だけしているスポーツマンさんには

その必要性はこの説明だけでは足りませんでした。

 

そのスポーツマンさんの中学校の過去問題に

「ト音譜表の下第10線の音を階名で答えよ」

こんな無茶振りな問題があった。

似たような設問が6題。

 

 

下第1線に串刺しななったのが、よく言う真ん中の「ド」

「下に線を10本加えて数えさせるなんて、こりゃ愚問。

先生、他に問題ネタはなかったのかしら?

10本も加えたら読めないよ~」と つぶやいたものの

 

彼と一緒に 大きく書き出し数えた。

 

実際、下第10線は五線紙からはみ出したので

下第6線を書いてみた。(ヘ音譜表の 第1線である」

「ト音譜表の下第6線を階名で答えると  」

 

これを見て彼は

「ヘ音譜表もやっぱり必要!」と 納得してくれた。

 

今度からヘ音譜表の必要性をわかってもらうにはこのテで行こう!

 

ちなみに 過去問で全滅だったこの問題。

大きく書いてゆっくり数えたら 全問正解した。

今後、こんな珍問がでたら

問題用紙の裏にでもきちんと五線を書いて数えよう。